不動産ファイナンスについて

比較的新しい投資対象である不動産ファイナンスについては、銀行など様々な業態でサービスを提供しています。
リートなどもその不動産ファイナンスの一つであり、上場しているものを購入することで投資を行うことができます。
比較的安定的な価格推移をしていることもあり、リスクも少ない投資対象となっているので、安定的な運用に利用することができるものとなっています。
不動産を持っている人は、SPCに不動産を売却することができ、SPCもノンリコースローンや出資などで資金調達をすることができるので、保有不動産の収益性を上手く利用することができるという特徴があります。
不動産ファイナンスは複雑な流れになっているので実際に利用する際には、専門家などのアドバイスをもらうことがとても重要になるでしょう。
不動産を持っている人も投資をおこなっている人にとっても双方にメリットがある手法であり、これからもますます利用の頻度が高くなっていくことが考えられるでしょう。
様々な銀行がサービスを提供しており、ノンリコースローンの出資などを行っているので、いろいろな銀行に相談してよい話を持ち掛けてくれる相手を探すようにすれば、投資にも成功することができるでしょう。

不動産ファイナンスの秘密

不動産ファイナンスの秘密としては、住宅ローンが一般的に思いつくワードとなりますが、そこでお金を借りる仕組みとして不動産の購入の際に必要なお金を銀行から借り入れて不動産業者に支払を行った部分で、銀行に借りたお金を返していく流れとなります。そこで利息が付く事となり、その利息で銀行側としても儲けを出している状況となります。住宅ローンは安い金利で活用出来る状況であり、まずはこうしたお金を借りる仕組みとして安定した収入のある方であれば銀行としても最良の取引相手としてみてもらえます。その他の不動産ファイナンスとしては、物件を担保にお金を借りると言った仕組みであり、銀行側としても不動産を担保として置けば支払が滞る事で、物件の差し押さえとして返済に充てる事が出来る様です。その事を踏まえて銀行としても信用がそこにあれば、債権の焦げ付きを先に守る事となり、こうしたお金のやり取りも不動産ファイナンスを行っている銀行として、安心したお金のやり取りとなっていきます。物件を持っている事で取引が行えたり、物件の購入の為にお金を借りると言った流れで、銀行との取引を行う状況となれば、不動産などの大きな買い物ではお金の動きも大きくなります。

賃貸住宅の節約術

賃貸住宅は、どれだけ家賃を支払い続けても、その物件が手に入ることはありません。
ですから、出来るだけ出費を抑えることができれば望ましいです。
節約できる方法として、どのようなことがあるのかというと、不動産ならではの「事故物件」というものがあります。
「事故物件」というのは、何らかの問題がある物件で、入居希望者があまり来ないので、家賃が周辺の物件よりも安くなっているのです。
事件や事故があったということを隠して、貸し出すことはできないのかというと、不動産では告知義務というものがありそれに違反すれば違法なのです。
「事故物件」には浸水やシロアリなど建物に問題がある物理的瑕疵物件と、殺人や独居老人の死体などあまり入居したくないという心理的瑕疵物件があります。
物理的瑕疵物件であれば、入居して再び問題が生じる可能性がありますが、心理的瑕疵物件はそういうことを気にしなければ、普通の物件と同じように暮らすことが出来ます。
ただし、心理的瑕疵物件でも、近くに火葬場があったり、高速道路があったりと、生活に支障をきたす環境だから入居者が来たがらないという物件もあるので、なぜ事故物件になっているかをよく確認することが大切です。

借り換えする際の注意点やメリット

住宅ローンの借り換えをすることで、利息が800万円も節約できたという事例もあります。住宅ローンは高額ローンですので、少しでも金利の低いところに借り換えをすることで大きな利益がでます。しかし、住宅ローンの借り換えでも、新規で借りた時と同じ諸費用がかかることには注意しましょう。諸費用で大きな割合を占めるのが、保証料と事務手数料です。保証料については一括繰上げ返済をすることで一部が戻ってくることはありますが、事務手数料は戻ってきません。住宅ローンを借りるときは、保証料は繰り上げ返済をして返済期間を短縮すれば戻ってくるということも考慮に入れるようにするとよいでしょう。戻ってくる保証料をプラスして、新しいローンでかかる諸費用をマイナスしたうえで、なおメリットのほうが大きい場合には借り換えを検討してみましょう。借り換えではそれまでのローンで延滞をしていると審査に通らないことがありますので、借り換えを検討している人は特にローンの返済で延滞をしないように気をつけておきましょう。意外にも、ローンやクレジットカードの支払いで延滞をすることのデメリットをきちんと理解していない人は多いです。不動産の価格が大きく落ちていて、担保割れをしている場合にも不利になります。積極的に繰り上げ返済をして、担保割れにならないような努力もしておきましょう。

↑ PAGE TOP